20代の10年間で1000万円貯めたい‼具体的な方法とは?

  • URLをコピーしました!

著者は今では1000万円以上の貯蓄がありますが、20代の頃は1000万円の貯蓄は夢のような額で、そんな大金一体どうしたら貯めることができるのか不思議に思っていました。今回の記事では収入が少ない20代のうちに1000万円貯める具体的な方法を調査していきます。

  • 貯蓄1000万円はどれくらい凄いこと?
  • 20代の平均的な収入とは
  • 1000万円までの道のり
  • つみたてNISA(新NISA)を使って検証
  • まとめ
目次

貯蓄1000万円はどれくらい凄いこと?

金融中央委員会の令和3年の家計の金融調査では年代別の貯蓄額の平均値と中央値の2つが掲載されていました。平均値は調査世帯の貯蓄額を平均した数値、中央値は調査世帯の貯蓄額を順番に並べた時の真ん中に位置する数値です。平均値は一部の資産家が平均を押し上げていることが多く、実際の世間の感覚に近いのは中央値になります。

スクロールできます
単身世帯平均値単身世帯中央値家族世帯平均値家族世帯中央値
20代179万円20万円212万円63万円
30代606万円56万円752万円238万円
40代818万円92万円916万円300万円
50代1067万円130万円1386万円400万円
60代1860万円460万円2427万円810万円
70代1786万円800万円2209万円1000万円
※厚生労働省、令和2年賃金構造基本統計調査をもとに計算

どの年代でも単身世帯の貯蓄額の方が平均値、中央値共に少なくなっています。家族世帯では近年、夫婦共働きが多くなっていることにより収入も多いことから貯蓄額も多いと考えられます。

今回目標としている貯蓄額1000万円は70代の家族世帯の中央値と同じ額です。20代の単身世帯の中央値は20万円となっており、1000万円を貯めるという事は普通の20代の50倍のお金を持っている、まさにお金持ちと言えるでしょう。(我が家は実際に1000万円貯めてもお金持ちという感覚にはなりませんでしたが…)いかに1000万円という目標が一般的な家庭の貯蓄額とかけ離れているのかがわかると思います。

20代の平均的な収入とは?

続いて20代の平均収入を見ていきましょう。令和2年の厚生労働省の調査によると…

スクロールできます
平均年収
20~24歳314万円
25~29歳390万円
30~34歳441万円
35~39歳494万円
40~44歳531万円
45~49歳561万円
50~54歳590万円
55~59歳584万円
※厚生労働省、令和2年賃金構造基本統計調査をもとに計算

20~24歳までの平均年収は314万円、25~29歳までの平均年収は390万円でした。更に男女で比較してみると…

スクロールできます
20~24歳25~29歳
男性326万円410万円
女性301万円360万円
合計314万円390万円
※厚生労働省、令和2年賃金構造基本統計調査をもとに計算

始めのうちは男性の方が若干高いくらいですが、25~29歳ではその差は広がり、年齢を重ねると更にその差は大きくなっていきます。(筆者の娘には将来個人事業主やフリーランスとして働くことを薦めています。詳しくは別記事で。)

1000万円までの道のり

今回の年収は男女の平均値である20~24歳は314万円、25~29歳は390万円で大学卒、独身の男性が22歳から働くと想定して計算していきます。年収314万円を手取りに直すと約250万円、年収390万円を手取りに直すと約310万円になります。数字上で1000万円ためるには、まず22歳から29歳までの支出を変えないで生活すると仮定すると、24歳までと25歳からの年収差、60万円はすべて貯蓄に回せることになるので、

60万円×5年=300万円

残り700万円を8年間で割ると年間87.5万円を貯蓄に回せばいいということのなるので、年間の使えるお金は、

250万円-87.5万円=162.5万円

つまり年間162.5万円で生活し、22~24歳までは年間87.5万円貯め、25~29歳までは年間147.5万円貯めることができれば1000万円達成することが出来ます。

しかし年間162.5万円での生活、月々に直すと約13.5万円の生活とはどのような生活でしょうか。例として一人暮らしにかかる生活費を、

  • 家賃     5万円  
  • 食費     3.5万円
  • 水道光熱費  1.5万円
  • 交通費    1万円
  • 通信費    1万円
  • 娯楽交際費  2万円
  • 保険     1万円
  • その他    1万円
  • 合計     16万円

と、上記のようにしてみても合計16万円と目標の13.5万円よりも2.5万円も高くなってしまいます。実家で暮らして家賃をうかせることができれば目標の金額で生活できますが、13.5万円で生活するのは中々難しいことがわかります。

つみたてNISA(新NISA)を使って検証

そこでもう一つの方法として来年から始まるつみたてNISAを活用して貯蓄1000万円を達成する道程を検証してみたいと思います。

つみたてNISAとは、毎月自分が設定した金額で自分が設定した投資信託(株のようなもの)を自動で購入し、投資信託からの利益(税金は取られない)も全て再投資して効率的に資産を増やすことを目的とした国が推奨している制度です。※利益がでない可能性もありますので自己責任でお願いします。

例えばつみたてNISAで購入できる商品の中でも人気の全世界に投資できるeMAXIS Slim 全世界株式オールカントリーで検証していきます。

まずはわかりやすくするために、先程と同じように24歳までと25歳からの年収差60万円は現金で保有する事として、22~29歳までの8年間に毎月均等に積み立て投資する事にします。25歳からの5年間で60万円を現金で貯めると300万円貯まるので、残りの700万円をつみたてNISAで貯めます。

みんかぶの資産運用シミュレーションを使って計算

eMAXIS Slim 全世界株式オールカントリーで見込める平均的な利回り5%で8年間で700万円を貯めると入力すると、毎月6万円を積み立てればいいことがわかります。ちなみに普通に貯金するよりも運用益で127万円多く貯めることができます。(つみたてNISAの限度額は年間40万円、新NISAの限度額は年間360万円)

毎月の積立額を抑えれるので、月々の生活費が14.8万円(つみたてNISA前よりも1.3万円アップ)まで使えるようになりました。あとはもう少し家賃を抑えたり、独身であれば保険料を節約したりすることで支出をコントロールできれば20代での1000万円貯蓄が現実的になるでしょう。

まとめ

以上の検証結果から、20代のうちに1000万円貯めることは決して簡単なことではないですが、

  • 目標を設定して実行する
  • 家賃、通信費などの固定費を削減して無理のない節約をする
  • つみたてNISAの活用で資産の拡大を図る(事前にもしもの時のお金を貯めれれば尚良し)
  • できれば副業などで収入アップの努力をする

この4つのことをしっかりと行えば達成可能な目標であることもわかりました。実際に1000万円の資産がある筆者の意見として、1000万貯まったからと言ってお金持ちになったという感覚は全くありませんでしたが、1000万円貯めれた自身と、そこまでの過程で得た節約や投資の知識や経験がその後の資産拡大の助けになっています。また1000万円あることで急な出費や友人などと遊ぶ時の心の余裕が生まれるようになったことも大きいと感じています。

それでも遠い目標だと感じる人は、まずは100万円を目標にしてみてもいいので行動してみましょう。100万円を達成した経験から、例え時間がかかったとしても1000万円の目標は達成できると思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。みなさんもぜひこの後早速行動してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次