持ち家?賃貸?結局どっちがお得なの?気になるギモンを徹底調査!

  • URLをコピーしました!

持ち家は経費がかかる?賃貸は狭い?

持ち家と賃貸それぞれのメリットとデメリットを調査して結局どっちがお得か見ていきましょう

社会人になり実家を離れて暮らすようになると必ず出てくる持ち家、賃貸問題。家族が増えるとどちらがいいのか悩む人も特に多くなると思います。

今回はそれぞれのコストとメリット・デメリットを比較し、あなたにおすすめの住まいを見つけていただく内容になります。ぜひこれからの住宅選びの参考にしてください。

この記事の内容

  • 生涯コストの比較
  • メリットの比較
  • デメリットの比較         
  • それぞれにおすすめなタイプ
目次

生涯コストの比較

前提条件は30~80歳までの50年間でヒツジ家族の大好きなディズニーランドがある浦安市を居住地とした場合の生涯コストの比較をしたいと思います。

持ち家データ

  • 新築戸建て4LDK
  • 住所 千葉県浦安市
  • 庭・駐車場付き
  • 価格5500万円

賃貸データ

  • 築10年アパート4LDK
  • 住所 千葉県浦安市
  • 庭・駐車場無し
  • 価格 月々16.4万円

持ち家の生涯コスト

一般的に住宅購入時には一括返済するわけではなく住宅ローンを組むことになります。住宅販売価格5500万円のうち、頭金として500万円支払い、5000万円を返済期間35年の住宅ローンとして借り入れる場合、金利を含めた月々の支払額は約14.5万円になり、35年間の総返済額は約6076万円になります。毎年かかる固定資産税が約11万円、火災保険で約3万円、それ以外に住宅所得費用として建築時に約200万円、50年間住むための修繕費が合計900万円とすると、持ち家に50年間住むために必要なコストは合計8376万円になります。

賃貸の生涯コスト

賃貸の場合、月々16.4万円とすると50年間の生涯コストは9840万円になります。ただし今回参考にした賃貸物件は4LDKなので、仮に子供が成人してもっと小さいアパートに引っ越せばコストを安くすることも可能です。例えば初めの25年間は4LDKの家賃月々16.4万円の物件に住み、残りの25年間は家賃月々12万円とすると、必要なコストは8520万円まで下がります。

それぞれのメリット

コスト面では賃貸の仕方次第ではどちらもそう変わらないことが分かりました。そうなると残りの判断基準としては自分にとってどのようにメリット・デメリットがあるかになります。

持ち家のメリット

  • 広い
  • 庭または駐車スペースを確保できる
  • 将来資産として残る

賃貸のメリット

  • 近隣住民とのトラブル時に引っ越すことが出来る
  • ライフスタイルの変化に合わせて引っ越すことが出来る

それぞれのデメリット

続いてデメリットとしては…

持ち家のデメリット

  • 数百万単位の修繕費がかかる
  • 災害などによる倒壊のリスク
  • 気軽に引っ越せない

賃貸のデメリット

  • 狭い
  • 騒音トラブル等の可能性がある

持ち家は何といっても広い居住スペースで庭や駐車スペースなどがあり外でバーベキュー等することもできます。また持ち家は自分の資産でもある為、将来手放すとなったとしても買い手がいればお金に換えることもできます。(浦安市では築年数40年でも1,000~5,000万円で売買されていました)

賃貸は住む環境を変えられるのが一番のメリットになります。転勤が多い仕事や日本各地で暮らしてみたい人には最高の選択肢になります。ご近所トラブルに巻き込まれた時に引っ越すという選択もでき、家族の成長に合わせて家の大きさを変え無駄のない生活を送ることも出来るでしょう。

それぞれにおすすめなタイプ

ここまで読んで頂いたうえでまだ悩んでいる方には、それぞれにおすすめなタイプの人をずばっと解説していきます。

持ち家が向いている人は…

転勤の可能性がない、又は少ない子供がいる家庭です。

転勤がなければ住む場所を変える必要がありません。更に子供がいると子供の学校の関係や友達との関係から住む場所を変えるデメリットの方が大きいでしょう。持ち家であれば騒音問題などもありませんから子供がのびのびと生活でき、子供が独立して家を持て余すようになれば、家を売却し賃貸に引っ越せばよいのです。

賃貸が向いている人は…

転勤が多い仕事をしている、又は子供がいない家庭です。

転勤が多いと常に同じ場所には住めないので持ち家の選択肢はぐっと下がります。更に子供がいなければ住む場所にも縛られないので、住む場所を変えることで新たな出会いや発見等もあり、持ち家よりも刺激的な生活を送れるかもしれません。(新たな出会いから人生が変わり家族が増えたりすることで持ち家になる可能性もあります)

最後に

我が家は子供がいる家庭で持ち家ですが、休みの日には庭でバーベキューやキャッチボールをして楽しんでいます。先ほどの説明で子供が独立して家を持て余すようになれば、家を売却し賃貸に引っ越せばよいと書きましたが、今は妻も子供もご近所さんと楽しく過ごせているためそれも難しそうです(笑)

家を購入するという事は人生の中でも最大の決断の一つですが、皆さんもこの記事を読んで頂き持ち家、賃貸それぞれのメリット、デメリットがわかったうえで自分にあった方を選択してくださいね。最後まで読んで頂きありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次