としまえん跡地にNEWオープン‼ワーナーブラザーススタジオツアー東京~メイキング・オブ・ハリーポッターとは⁉

  • URLをコピーしました!

6月16日にとしまえん跡地に新たな体験型エンターテインメント施設、ワーナーブラザーススタジオツアー東京がオープンしました。ワーナーブラザースによって2001年に映画化されて以来、全8作品を誇る大人気長編映画のハリーポッターの世界を体験できるこの施設は、2012年にロンドンでのオープンに次いで世界で2番目となります。今回はそんな世界中から人気の新施設を徹底的に調査していきたいと思います。

ホームページ – Warner Bros. Studio Tour Tokyo – The Making of Harry Potter (wbstudiotour.jp)

目次

  • ワーナーブラザーススタジオツアー東京とは?
  • 基本情報
  • 施設紹介
  • ショップ&お土産
  • まとめ
目次

ワーナーブラザーススタジオツアー東京とは?

ワーナーブラザーススタジオツアー東京は大人気映画ハリーポッターの舞台裏を街並みのセットは勿論、衣装や小道具などを展示し、実際の映画の世界へと入ってしまったような体験ができる体験型施設となっています。

ロンドンが発祥の地

ハリーポッターの映画の舞台になった国でもあるイギリスにあるワーナーブラザーススタジオツアーロンドンでは、実際に映画で使用していたセットや衣装、小道具が展示され2012年にオープンして以来大人気の観光名所です。すでに来場者数は1700万人を超え、10年以上たった今でもチケットは入手困難とのこと。2019年にはグリンゴッツ銀行など新たなエリアも誕生していることから今後も新エリアが拡大していく可能性もあるようです。

魔法に満ちた体験を日本で

アジア初、ハリーポッターの屋内型施設としては世界最大規模となるエンターテイメント施設です。9と3/4番線ではホグワーツ特急に乗車して、グリーン・スクリーン技術によって魔法魔術学校へ旅ができます。ホグワーツ魔法魔術学校で組み分けの儀式やホグワーツの戦いの舞台となった大広間や、必要な学用品はすべてそろっているダイアゴン横丁の街並みは異世界に迷い込んだような壮大な空間で、ハリーポッターの映画の世界を体験できるのは勿論ですが、イギリスが舞台となった街並みはまるでヨーロッパを歩いているかのようです。

基本情報

ワーナーブラザーススタジオツアー東京 メイキング・オブ・ハリーポッター

オープン:2023年6月16日(金)

場所:東京都練馬区春日町1-1-7

運営時間:8:30~22:00の間で変動制

チケット情報:公式ウェブサイトでの事前予約制(日時指定)

※車でお越しの際は駐車場予約も可能です

価格:大人6,300円、中人(中・高校生)5,200円、小人(4歳~小学生)3,800円

公式WEBサイト:https://www.wbstudiotour.jp/

問い合わせ先:050-6862-3676(受付時間は9:30~17:00)

施設紹介

大広間  入館して初めに体験できるのは16世紀の建造物、オックスフォード大学クライストチャーチ・カレッジの大ホールがモデルとなったホグワーツ魔法魔術学校の大広間です。巨大な扉を開けて大空間に入る瞬間は大人も思わずワクワクするはずです。

ホームページ – Warner Bros. Studio Tour Tokyo – The Making of Harry Potter (wbstudiotour.jp)

大理石の階段  ホグワーツ名物の動く階段があります。階段の周りにはいくつもの肖像画が飾られ、その肖像画の前で撮影をすると自分たちも動く肖像画になれる体験ができます。

ホームページ – Warner Bros. Studio Tour Tokyo – The Making of Harry Potter (wbstudiotour.jp)

禁じられた森  ホグワーツの生徒が出入りを禁止されていた禁じられた森に足を踏み入れることができます。怪しい雰囲気の中を探検していくと魔物が現れ来場者の魔法の力を試すことが出来ます。

ホームページ – Warner Bros. Studio Tour Tokyo – The Making of Harry Potter (wbstudiotour.jp)

ハグリッドの小屋  禁じられた森の端にあるハグリッドが住む小屋。ハリー達が訪れるといつも快く迎え入れてくれました。

ホームページ – Warner Bros. Studio Tour Tokyo – The Making of Harry Potter (wbstudiotour.jp)

9と3/4番線  人間の世界と魔法界を繋ぐ駅のホーム。実際に使用されたイギリスの蒸気機関車を改装して使われている車内には実際に乗り込むことが出来、各車両ごとに様々な展示がされています。

ホームページ – Warner Bros. Studio Tour Tokyo – The Making of Harry Potter (wbstudiotour.jp)

ロンドン魔法省  実物大のセットを再現した壮大な空間は東京でしか体験することが出来ない世界初のセットです。。手の込んだ装飾品を鑑賞するのは勿論、スモークや照明効果により魔法にかけられたような写真や動画も撮影でき、QRコードを使ってダウンロードすることで家に帰ったからでも楽しむことが出来ます。

ホームページ – Warner Bros. Studio Tour Tokyo – The Making of Harry Potter (wbstudiotour.jp)

ダイアゴン横丁  にぎやかな商店街はホグワーツの入学準備に必要なものが全て揃っています。伸び耳や惚れ薬など120もの商品が並ぶウィーズリー・ウィザード・ウィーズ店をはじめ、グリンゴッツ銀行やオリバンダーの店など映画でお馴染みの街並みが再現されています。

ホームページ – Warner Bros. Studio Tour Tokyo – The Making of Harry Potter (wbstudiotour.jp)

レストラン  スタジオツアー内には魔法ワールドをイメージしたスイーツを提供しているフロッグカフェ、アフタヌーンティーを提供しているバックロットカフェ、イギリスの伝統料理を味わえるフードホール、映画でお馴染みのバタービールが飲めるバタービールバーの4店舗があります。

ホームページ – Warner Bros. Studio Tour Tokyo – The Making of Harry Potter (wbstudiotour.jp)

ショップ  エントランス横のメインショップと9と3/4番線内にあるレイルウェイショップがります。映画でお馴染みのキャラクター達のグッズやお菓子、マグカップなどを取りそろえ、家に帰った後も楽しむことが出来ます。

ホームページ – Warner Bros. Studio Tour Tokyo – The Making of Harry Potter (wbstudiotour.jp)

まとめ

その他にも、

  • 追加料金が必要な体験がある
  • ゆっくり見て回るには半日くらいは必要
  • 映画製作の裏側が学べる

ワーナーブラザーススタジオツアー東京は東京ドーム2個分もの敷地を有するため、ゆっくり見て回るには半日くらい必要とのこと。ハリーポッターファンには間違いなくお勧めなのは勿論、そうではない人でも映画製作の裏側を学ぶことができる施設となっています。

チケット料金が大人6,300円で、施設内には体験するためには追加料金が必要なものもあるため、決して安いとは言えませんが、イギリスのワーナーブラザーススタジオツアーも現在でもチケットが入手困難なことを考えれば、日本も人気スポットになることは間違いないでしょう。

ちなみに筆者はハリーポッターは映画は第一話しか見ておらず、それ程詳しいわけでもないのですが、映画のセットを実際に見てみたいのとヨーロッパのような街並みを体験して海外旅行をしている気分を味わいたいと思いましたし、(ハリーポッターファンの皆様からすれば動機が不純ですが…)さっそくチケットの予約に挑戦してみようと思います。

世界でも人気のワーナーブラザーススタジオツアー。日本を2番目の場所に選んでくれた事はとても嬉しいことだと思います。皆さんも今年の夏休みは家族で魔法の体験をしてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次